廃車でお困りのことを解決する「廃車MASTERブログ」

2020年04月22日

転職フェアなどのタイミングをチェック

効率よく、条件の良い職場の求人情報を見つけて転職したいのであれば、定期的にフェアなどが開催されることがあるので、チェックしてみると良いでしょう。うまくいけば、特定の会場に足を運ぶことによって、特定のキャリアカウンセラーからアドバイスを提供してもらうこともできます。また、会場でプロフィール登録をすることにより、そのプロフィールに基づいた検索をそのまま実践することができたりするので、効率よく転職活動を展開することが可能です。

2020年03月23日

車を廃車処分するとき前の部品はどうしたらいい

車を廃車処分する場合、前に使用していた車のタイヤやカーナビといった付属品を使い続けたいと考えている人は少なくありません。経費を安く抑え、安心して使うことができるようにしたいと考えている人は多いです。しかし、車種やグレードによって多少異なるため、処分業者に事前に相談してから判断してください。車種やグレードによってついている付属品が異なることや、現在ついている部品によって処分費用が異なる場合も多いです。

2020年02月19日

廃車するような故障車や不動車も買取してくれる

不動車や故障車や事故車など、売れないと決めつけるのはもったいないです。それは壊れた車でもつかえるパーツの需要がいくらでもあるからです。しかしマイカーであっても個人が勝手に部品を取り外して販売するのは、自動車リサイクル法を破ることになります。つまり車のパーツを外すには解体業の許可を受ける必要があるので、一般人が行うことはできないです。けれども運転とは直接関係ないカーステレオ、カーナビ、ドリンクホルダーなどの付属品を外して販売するのは問題ないです。

2020年01月18日

廃車買取専門業者にお願いをする時は

確かに車が動かなくなってしまったら、廃棄処分をするしかないように思われることも多いです。しかし、基本的には廃車買取専門業者にお願いをすると、お金に変えることができるのでこちらの方が無難な選択肢だといえます。0円保証がある買取専門業者であれば、少なくともマイナスになる事は無いので、ノーリスクでお願いすることができるでしょう。さらに、付属品に関してもしっかりと値段をつけて買い取ってくれるような業者がたくさんいます。

2019年12月28日

付属品売却なら解体ができる専門業者に査定依頼する

事故車や不動車でも高く買取してもらうことはできます。それは部品取りや付属品などの需要や修理すれば使える場合もあるからです。しかし一般人が自分の車であっても、部品を車体から外して売ると法律に違反する可能性があります。それは自動車リサイクル法により不法投棄を防ぐために手続きが定められているからです。そのため部品の取り外しは、廃棄に該当するので許可を受けているので解体業者に依頼することです。それではカーステレオやカーナビ、マットなどの付属品はどうかと言うと付属品については取り外しは認められているので大丈夫です。

Archive